シャドーイングが続かない人へ。正しいやり方、学習時間、教材の選び方を紹介します

おすすめ英語学習法

こんにちは、ricaです。

独学で英語を1日3時間勉強し、1年でTOEIC920点、日常会話がそこそこできるようになるまで成長したアラサー外資系OLの私が、効果的だった勉強について紹介しています。

*********

本日は、シャドーイングについて。

シャドーイングは、ここ最近でかなり有名になってきた勉強法ですよね。

学校では習わなかったので、実際どうやっていいか分からず自己流でやってみて挫折、という方も多いのではないでしょうか。私もそうでした。

私はプロに正しいやり方を教わりながら、1年間毎日シャドーイングを継続して、効果を実感してきました。

どのように実践してきたのか、その方法をお伝えしたいと思います。

この記事を読み終わったあとからすぐに行動に移せるよう、具体的なやり方、教材の選び方、適切な学習時間についても説明します。

スポンサーリンク

シャドーイングの効果とは?

ずばり「リスニング力の向上」

最大の効果は紛れもなく「リスニング力の向上」です。


「自分が発音できない音は聞き取れない」とよく言いますが、この仮説は音声知覚の運動理論という論文で30年以上前から語られているものです。これに関しては実際に体験され、納得される方も多いでしょう。
また、シャドーイングでは音に注力して何度も繰り返しパワーリスニングをするので、聞き取れる音が脳内のデータベースに蓄積されていきます。
これもまたリスニング力の向上に寄与するのではないかと考えられます。

シャドーイングは、他にも嬉しい副産物がたくさん


私が感じたその他の効果としては、

  • 発音がきれいになる
  • 抑揚の付け方がうまくなるので流暢さが増す
  • シャドーイング中に出てきた単語や表現は、一生忘れない

副産物だけでも結構ありますよね。

スポンサーリンク

正しいシャドーイングの具体的なやり方

以下のように進めてみてください。

  1. 音声のみをリスニング
  2. ディクテーション
  3. 答え合わせをし、文章の意味を理解
  4. 音読
  5. スクリプトを見ながらオーバーラッピング
  6. スクリプトを見ずにシャドーイング

rica
rica

オーバーラッピングは、教材のスクリプトを見ながら英語音声と同時に発音していく方法です。

rica
rica

シャドーイングは、聴こえてきた音声を少し遅れて発音していくやり方ですね。

スポンサーリンク

何分くらいやれば良いの?

1日30~60分を毎日続けましょう

えっ、そんなの無理じゃない?!と思った方。私もコーチにそのように言われて驚きました。

驚いたというか、絶望しましたね(笑)

もちろん、これは本気で英語を短期間で身につけなければいけない人の目安です。

現実的にはそこまで切羽詰まってないよ、他にやることがたくさんあって物理的に無理だよ、という方も多くいらっしゃると思います。


そのような場合は、1日15分でも、10分でもOKですが、、!必ず毎日継続してください。

シャドーイングは筋トレです。普段使わない筋肉を使って、発音ができるようになる訓練なので、やらない時間が長くなるほど、せっかくついてきたスキルが衰えていってしまうんです。もったいないですよね。

ですので是非、自分の生活のルーティーンに組み込んでみてください。朝起きたら目覚まし代わりにやる、帰宅したら着替えよりも家事よりもまず先にやる、シャドーイングが終わったら自分にお菓子を与える、など、毎日継続できるような仕組みを作ってみてください!

30秒〜1分程度のセンテンスを1日30~50回練習しましょう

1分程度のセンテンスってどんなだろう?一般的な語数でいうと120~150語程度です。
イメージを持つために、スティーブ・ジョブズのスピーチを載せておきますね。

This was the start in my life.
And 17 years later I did go to college. But I naively chose a college that was almost as expensive as Stanford, and all of my working-class parents’ savings were being spent on my college tuition.
After six months, I couldn’t see the value in it. I had no idea what I wanted to do with my life and no idea how college was going to help me figure it out.
And here I was spending all of the money my parents had saved their entire life. So I decided to drop out and trust that it would all work out OK.

Steve Jobs: How to Live Before You Die 2005 Speech

これで111語です。
で、このくらいのボリューム感を、毎日、できるまでやりましょう。

目安は3日です。

暗記してしまうと意味がないので、暗記してしまうくらいやりこんだら、次のコンテンツに移りましょう。

シャドーイングは、お口の筋トレなんです

うまく口が回りませんか?大丈夫、ちゃんと成長している証です

どうしても口が回らず、ついていけなくなってしまう箇所がありませんか?

それで正解です。英語には日本語にはない音がたくさんあるので、発したことのない言葉を発するなんて結構無茶なことなんですね。大丈夫です、何度も練習すればちゃんとできるようになります。

この口が回らない現象が起こる時は、多くの場合で

  • そもそも何と言っているのか聞き取れていない
  • 音声のスピードが速すぎる

ということが問題となります。ではどうしたら良いでしょうか?

まず、スクリプトを見ながら音声を聞いて、「この音はこの単語から構成されている」ということを理解します。

そして、聴こえた音をカタカナで起こし、自分でその部分だけ何度も唱えてみます。


もし、カタカナに起こすのが難しければ、音声をゆっくりにしてみてください。たった数語の言葉にこんなに時間がかかることに悔しさを覚えるかもしれませんが(笑)、とても大事なステップなので、根気よくやってみてください。

次に、また音声を流してカタカナ部分を見ながらオーバーラッピングしてみてください。

慣れてきたら、カタカナやスクリプトを見ずに、音声だけでシャドーイングしてみてください。

ちょっとマシになった感じがありませんか?

アゴが疲れませんか?それでいいんです!

そして、慣れるまでは、30分もやればアゴがめちゃくちゃ疲れます。
でもこれは、筋トレと同じで、ちゃんと成長に向かっている証拠です。
日本語にない音を無理やり話すんだから、お口が疲れて当たり前なんです〜。

私も1日1時間ほどシャドーイングの時間を取っていましたが、これが辛かったので、朝と夜に30分ずつ、分けて練習をしていました。

教材選びのコツ

①音声のスピードが調整できるもの

0.75倍や0.5倍に調整できるものを選びましょう。今やYouTubeやNetflixなどでも、音声の速度調整ができるようになっています。

②リピート再生が簡単にできるもの

シャドーイングは、同じコンテンツを何度も何度もトレーニングするため、すぐにリピート再生ができるようなものを選んでください。ここに時間がかかると、せっかく確保した学習時間が無駄になってしまいます。

③自分が好きと思えるもの

何度も繰り返して再生するので、内容が好き♡や、声が好き♡と思えるものを選ぶと良いと思います。

シャドーイング中はイントネーションや抑揚などもそのまま真似するので、自分の好みに合った話し方の人を見つけてみてください1

私が実際に使っているおすすめツールはこちらです。

TEDICT

‎TEDICT
‎* LITE version -> Search "TEDICT" 英語が上手になるためには、何度も英語を聞くことです。けれども、ただ聞き流すだけではいけません。どの言語を学ぶときも言えることですが、続いた単語同士の場合、よく聞き取れない場合があります。ですから、自分が聞き取った言葉が正しいのかどうかを確かめること...
TEDICT - TEDで英語を習おう - Google Play のアプリ
Shadowing / English Dictation / Speaking / Listening

POLYGLOTS

POLYGLOTS | ポリグロッツ | 続かない英語学習は終わりにしよう。好きを学びに。 |
好きを学びに。続く学習ポリグロッツ。Learn what you love! Everyday learning made easy. 続かない英語学習は終わりにしよう。英語学習、英語リーディングアプリ POLYGLOTS(ポリグロッツ)、MONDO(モンド)、Bigo(ビゴ) TOEICリーディング対策に最適なアプリ

効果を最大化するために。これだけは気をつけて!

ながら練習はおすすめしません!

シャドーイングを練習している間は耳と口を使うので、目や手は確かに空くのですが。でも、シャドーイングってとても集中力を要するトレーニングなので、自分の全神経を音を聞き取って発することに集中してもらいたいです。
その方が確実に成長します。

練習場所の確保はしっかりと

歩きながらぶつぶつ唱えたり、口パクでも効果がある、という説もありますが、これでは効果が半減してしまいます。
聞こえた音声を一生懸命発声しようとすると、どうしてもそれなりに大きな声になってしまうし、自分が思ったよりできていないことに気づけない。小さな声でモゴモゴするのは、せっかくスクワットしてるのに足をちょびっとした曲げてないのと同じようなものだと感じます(笑)
少し大変ですが、おうちの中で一人になれる場所、誰もいない会議室、個室のレンタルオフィスなどを使って、集中できる環境をつくりましょう。

録音してセルフレビューを

録音すると、どこができていないのかをより正確に把握することができます。初めは気恥ずかしいですが、どうせ自分しか聞かないと思って開き直ってみてください。
先ほど、100語程度のコンテンツを3日、と書きましたが、それくらいやると、自分でも驚くような成果を感じることができますよ。

*********

今日は以上です。いかがでしたか?

シャドーイングは英語の勉強ではなく、筋トレだと思って、

日々達成感を味わいながら継続してみてください。それでは♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました